「自分」が1番にきちゃうのはきっと半人前。人との出会いで変わった自分の人生観とは。

自分のこと

こんばんは。関西で美容ディーラーをしている梅田美容商事㈱の長谷川です。

誰だって仕事で熱くなるときってありますよね。

今熱くないのかといわれると、いやいやまだまだバリバリで熱いでってもちろんいうけど、ここでいう熱さってちょっと向こう見ずな熱さのことですね。

半沢さんの熱さとはまた違うやつです。

「人のことよりまずは自分。」

「自分が一番。」

「誰よりも目立ちたい。」

「なんなら1番になりたい。」

20代後半の自分はこんな気持ちであふれかえってました。

だからずーっとピリピリしていた気がします。

いいように言えば熱かった。

悪く言えば、自分を評価してほしくて認めてほしくて承認欲求の塊だったのかな?

これ、すごーく扱いにくい社員という感じですよね(笑)

でも本当にそんな感じでした。

その時はそれが正しいって思っていたし、できるって言われたいがために働いていたのかな?って今は反省するところかな。

こういう経験ってしたことある人いるのかな?今ふと振り返ってみると本当に幼かったなと思います。

半沢さんを見習いたいよね、ほんと。

本当に凄い人は与える喜びを知っている人

自分主体じゃないんですよね。主語が自分じゃない。そういう人って本当にすごいです。

私じゃなくて、私たち。私よりもあなた。そういう人って違います。

自分自分じゃなくて、人に何かを与える喜びを知っている人ってすごいなぁって思います。

英語で言うとgiveかな。でもね、「giveの精神」ってよく言われるニュアンスともちょっと違う。

giveの精神っていうのは、そう努めようとするときに使うと思うけど、ここでのgiveはいたってナチュラルです。

そこに損得感情なんかない。純粋に与える喜びを知っている人ですね。

損得感情じゃない。なぜなら、愛情がそこにあるから

損得感情じゃないんです。あれをしたらこうなるかな。こうすればこうなってくれるかな。

そんな無粋な考えなしに動ける人は本当に尊敬します。

相手に愛情がないとできないこと。相手の笑顔が見たいとか、喜んでもらいたいとかそういう純粋な気持ちで動く人は、違うなって思います。

それにそういう人はなんかオーラも違う。わかるかな?

話していても、その人からあったかいものがにじみ出てくるような感覚がします。

空気がちょっとあったかくなるのかな?不思議なので何とも表現しにくいけど確かに感じます。

なんか愛情ってにじみ出るんとちゃうかな?って思いますよね。

こういう人って一緒にいて居心地いいですよね。のんびりしちゃう。

逆に損得感情で話す人ってなんとなくわかりますよね。不思議なもんです。

本音で話してる感じがしなかったり、言葉に厚みがなかったりします。

「自分」が1番に来ちゃうのはきっと半人前。

何でも自分自分の人間は損得感情MAXですよね。自分がそうだったのでよくわかります。

いろんなことの基準が損得になるから打算的になるし、気が付けば周りもそういう人であふれています。

今付き合っている友人関係を振り返ると今の自分がどんな人間かよくわかるって言いますよね。

類は友を呼びます。同じ波長の者同士が集まるんですよね。

自分を振り返ってみてもまさにそうだったなぁって思います。

自分が1番に来ちゃってた自分はきっと半人前だったんだろうな。

自分に余裕がない。常に何かに焦ってる。誰かと比べちゃう。

そういう思考が自分自分という考え方を生んでいた気がします。 

しんどい生き方ですよね(笑)

自分ができることで人の役に立ちたい。

人間、一人でできることって限られてます。どれだけ優秀でも一人でできることってたかがしれてる。

だから自分ができることで少しでも人の役に立てたらいいなって思います。

私も不思議と最近になってだんだん考えが変わってきたんですよね。きっかけはいろいろあったと思うけど、まるでそれは雪解けのような変化でした。

自分が1番になりたいと思っていた時は、自分の持ってるスキルや情報は自分のものだし、人に渡したくない!!なんて思ってました(笑)

自分だけの必殺技みたいにしておきたいし、人より目立っていたいから武器をもっていたかったんですよね。

どれだけ自分に余裕ないねんって感じですよね。でも、当時は本当にそう思っていました。

褒められたい。すごいって言われたい。これって動機がすでに不純ですよね(笑)

いろんな失敗や挫折を経験して、だんだんその考えが幼かったよなって思うようになりました。

なんか違うな。もっと自分ができることを人に伝えて、一緒に上がっていきたいよな。

自分ができることでもっと役に立てたらいいな。誰かに喜んでほしいな。

今はそういう視点が基準になってきています。

不思議なんですよね。昔と比べて今のほうが心がはるかに穏やかだし、がむしゃらに自己中でやっていた時より今のほうが楽しい。

充実しているなって思う瞬間が多いです。

誰かの役に立てたり、人の喜んでいる顔を見るのって最高やなって思います。

人は人と出会うことで気が付いて学び、成長していく。

この変化は突然起きたんじゃなくてじわじわ起きてきました。なんなら今もその発展途上かも。

人はいきなりは変わらない。だから変化もじわじわです。でも確かに変わっているのは感じる。

この数年であった出来事と言えば、人との出会いです。今まで知り合うことがなかったような人ともかなり知り合う機会がありました。

美容業界だけじゃなく、多種多様な人との出会いって本当に財産だなって思います。

出会いが人を成長させるっていうけど、それを肌で実感します。

だから一人旅すると1周り大きくなって帰ってくるっていうんでしょうね。

「かわいい子には旅をさせろ」とは本当にうまく言ったもんやなって思います。

自分のgiveで誰かの笑顔を作りたいなって思う。

今自分が仕事でしていることは全部受け売りです。

集客、POP、ディスプレイ、SNS…すべて自分が学んできたこと。

自分でピンと閃いて編み出したなんてものは…残念ながらないんですよね。

何なら全部YOUTUBEやGOOGLEで調べまくったら出てくるようなことばかりかもしれません。

きっとどこかでえらい誰かが同じようなお話をしているはずです。

ピアノ弾けるようになりたいな…と思ってYOUTUBEで調べたら、「初めてのピアノレッスン」なんて動画がめちゃくちゃ出てくる時代ですからね。

ココだけの話、ちょっとピアノやってみようかなと思ってます(笑)だって弾けたらかっこいいやん。

何でも調べれば情報って簡単に入手できます。

自分ができることは自分というフィルターを通して、いろんなところで学んだことを自分なりにブレンドして伝えるということ。

「美容は人の心を豊かにする誇り高き仕事」とか「美容師さんにもっと豊かになってほしい」という自分のフィルターを通したお話を交えながら伝える。

そういうお話を聞きたいといってくれる方に自分の知りうる限りの情報を全部差し上げること。

それが自分が今できること。

美容の世界が好き。ひたむきに頑張る美容師さんが好き。美容という職業が好き。

美容師さんの笑顔がもっと見たいから…自分ができる限りのことをして、少しでも役に立ちたいな。

今はそう思いながら仕事をしています。

だから自分のしたことで喜んでくれることが最高にうれしい!!これこそやりがいや!!って思います。

これからもやりがいをどんどん感じていきたいなー!!

この記事を書いた人
はせけん

前職おくりびとの美容ディーラー「はせけん」こと長谷川健太と申します!
美容室での商品販売の活性化のサポートをしたり、SNS活用術の話や働き方の話などオールマイティーにこなしてます。
取引あるなし関係なく、お困りごとや相談事があればどんなことでもお受けします。葬儀屋を経験したからわかることがあります。美容師という仕事にもっと誇りを持ってもらえるよう、美容業の価値を高める発信をしていきたい!!

ジブリとカメラとアベンジャーズをこよなく愛する中年です。
最近ハムスターと金魚を子供たちと一緒に飼い始めて溺愛中。

エクスマ96期生です!

はせけんをフォローする
友だち追加
自分のこと
はせけんをフォローする
神戸で働く元葬儀屋の美容ディーラー。美容業界のT.M.Revolusionこと梅田美容商事の長谷川健太(はせけん)による美容師さん応援ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました