あんなに悩んでいた大きな悩みが小さくなる?人間関係でぎくしゃくするところに僕が「他己紹介」を勧めるワケ

美容室の可能性のこと

こんにちは。関西で美容ディーラーをしている梅田美容商事㈱の長谷川です。

ずーっとおんなじ職場。おんなじ人と顔を合わす環境。

美容室なんか典型的にそうですよね。

こういう場所でよく起こるのが、「人間関係」のトラブルです。

人間関係でもやもやすると、仕事がどれだけ素敵でも全部嫌になっちゃいますよね。

なんなら、美容室を辞めちゃう美容師さんの悩みも「人間関係」なんてこともあるかもしれません。

それだけ、デリケートで大事なことなんですよね、きっと。

これをね、もしかしたら改善できるかもしれない!

その方法があるんですよね。

僕の実体験、肌感で思うことをご紹介しますね。

「自己紹介」ではなく「他己紹介」が絆を深めてくれる。

はい、じゃあまずは自己紹介からね。

そんな感じで自己紹介って結構いろんなタイミングでしてきたと思います。

今回お伝えするのは、自己紹介ではないんですよね。

「他己紹介」なんです。

え?他己紹介?

何それ?

はせけん
はせけん

そうですよね。

え?ってなりますよね。

自分じゃなくて他人を紹介する。

それを他己紹介っていうんですよね。

他人を紹介ってどういうこと?

人のことを話すの?

なんで?

はせけん
はせけん

そうそう!

人のことを紹介するんです。

これには意味があるんですよね~。

気になるでしょ?

そう。自分ではなく他人。

あえて他人を紹介するのが「他己紹介」なんです。

やり方はいたって簡単。

  1. まず、自分の生い立ちを洗いざらい紙に書いてみる。
  2. 続いて、2人ペアになって、それぞれ相手の生い立ちから今までに至る人生について、深くきいてメモを取る。
  3. 最後に、それをまとめてみんなの前でそれぞれを紹介しあう。(5分以内)

そう、たったこれだけ!

でもね、これをやるとめちゃくちゃ絆が深まると思うんですよね~。

なぜなら、1度自分自身も味わっているから。

なんでそこまで言えるのか?

それは、自分自身が1度味わっているからなんですよね。

僕は「エクスマ塾」という経営塾での合宿でこの「他己紹介」を経験しました。

みんないろんな課題や思いをもって臨む経営塾です。

一緒になったメンバーは年齢も仕事も性別までもバラバラなんですよね。

当然、緊張します。お互いのことは全く知らないゼロスタート。

簡単な自己紹介はするけど、それだけでは距離なんて縮まりませんよね。

そこで、行ったのが「他己紹介」なんですよね。

今でもあの時のことは忘れません。

自分のことってそんなに深く人に話さんでしょ?

ましてや生い立ちをすべて語るなんてそうそうないですよね。

それをね、あえてするんです。

小学生でこんなことがあった。中学では実はいじめられていて、高校の時はこんな失敗もした。

でも、その分文化祭でこんなことがあって、大学に入るとこんな体験をした。

就職ではこんな苦い思いをして、結婚したけど、実は…。

という感じで、洗いざらい話します。本当にすべて話す。

普通それ隠すよねってことまでもちろん話します。

赤裸々とはまさにこのことです(笑)

これ、お互いでやりあうんですよね。

そして、それをうまくまとめて、エピソードとして制限時間内にみんなの前で発表します。

お互いのことなんて知ってるようでほとんど知らない。

人間ってそういうもんです。

つかず離れずの距離感。

普通、わかっているのはせいぜい相手の2,3年前のことぐらいですよね。

でもね、「他己紹介」は違います。

相手のことをめちゃくちゃ深く知るんですよね。

そうするとどうなると思います??

これ、びっくりするぐらい相手との距離感って近くなるんですよね。

本当に驚くほど近づきます。

お互いを知ることで距離感は大きく変わる。

知らない人って疎遠。

知ってる人は仲良し。

これって子供でも一緒ですよね。

知ってることがたくさんあるとそれだけ距離感って近くなるんですよね。

ぶっちゃけ、エクスマ塾で出会った同期のメンバーなんて、もう親友のレベルになっています。

なんか普通のつながりとは違う特別感があるんですよね。

もちろん年齢も仕事もバラバラです。

でも、そんなものを超越する何かがあるんです。

知り合い」でも「友達」でもない「仲間」というものになってる気がします。

それだけお互いのことを深く知ってるって大きいことなんだと思うんですよね。

嫌いな人や苦手な人ほど相手のことをあんまり知らないという事実。

よくよく考えてみたら、嫌いな人や苦手な人って相手のことあんまり知らないケースが多いそうです。

なんか、言われてみればそう思いません?

なんでそんなこと言うんだろう?

なんでそんな考え方をするんだろう?

それもわからないし、なんか自分とは合わんから嫌!ってなるんですよね。

でも、相手の生い立ちを知ったり、抱えている悩みを理解していくと、なんか共感できたりするんですよね。

あ、だからそんな言い方するんだ。とか、あ、だからいつもあんな態度とっちゃうんだなって思えたりするんですよね。

相手のストーリーを深く知ると、見え方も距離感も理解度も格段に上がります。

これ、間違いないです。

僕は自分自身で「他己紹介」を経験して、それを味わっています。

ほんま変わるから!いっぺん試してみて!って言いたい!

理解すると関係性が深くなる。だから「他己紹介」しよう!!!

理解が深まれば関係性ってググ~っとよくなります。

距離感めちゃくちゃ近くなります。

手を知るってすごく大きいことなんだと思う。

だから、美容室とか同じ職場でずっと顔を合わす環境の人ほど、この「他己紹介」はおすすめです。

一緒に働いているメンバーのこと、どれだけ知ってる?

生い立ちまで知ってる?

どんな人生歩んできているか語れる?

相手を知るってめちゃくちゃ大事ですよ。

これやるだけで、距離感も関係性もめちゃくちゃよくなると思います。

「他己紹介」、是非しましょう!!

この記事を書いた人
はせけん

前職おくりびとの美容ディーラー「はせけん」こと長谷川健太と申します!
美容室での商品販売の活性化のサポートをしたり、SNS活用術の話や働き方の話などオールマイティーにこなしてます。
取引あるなし関係なく、お困りごとや相談事があればどんなことでもお受けします。葬儀屋を経験したからわかることがあります。美容師という仕事にもっと誇りを持ってもらえるよう、美容業の価値を高める発信をしていきたい!!

ジブリとカメラとアベンジャーズをこよなく愛する中年です。
最近ハムスターと金魚を子供たちと一緒に飼い始めて溺愛中。

エクスマ96期生です!

はせけんをフォローする
友だち追加
美容室の可能性のこと自分のこと
はせけんをフォローする
神戸で働く元葬儀屋の美容ディーラー。美容業界のT.M.Revolusionこと梅田美容商事の長谷川健太(はせけん)による美容師さん応援ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました