同じじゃないの?何が違うの?リンスとコンディショナーとトリートメントの役割とは?

美容の豆知識

こんにちは。関西の美容ディーラー長谷川(はせけん)です。

美容の業界に入って1番初めに思った疑問。

それがこの3つの違いですね。

過去はせけん
過去はせけん

リンスとかトリートメントとか一緒じゃないの?

今はせけん
今はせけん

違う違う。全然ちゃうんやで!

過去はせけん
過去はせけん

ん~?濃さとかの違い?

今はせけん
今はせけん

濃さどころか用途も違うよ!

リンスとコンディショナーは似て非なるもの。トリートメントは全く別物

それぞれ似てるように感じるけど大きく違うんですよね。

だからそれをわかって使うこと!

そこがとーっても大事になります。

リンスは質感が軽くて、トリートメントは重い…そういうもんじゃないんですよね。

それはまず言葉の語源を探っていくとわかります。

リンスは「すすぐ」という意味

「リンス」(rinse)とは英語で「すすぐ」の意味から来ています。

昔のシャンプーは石鹸に近いアルカリ性の成分だったので、シャンプー後に髪がバシバシになってしまっていました。石鹸で頭洗うと今でもなりますよね。

これを中和するため最後に酸性の水溶液(クエン酸等)で髪をすすぐ必要があったため、その習慣が由来となってるんですね。

だから、あくまで「すすぐ」ということがメインです。

髪の表面の滑りを良くして、静電気を防止する。

この役割が大きいんですね。大きいというかこれがすべてといってもいいと思います。

トリートメントは「治療する」という意味

「トリートメント」(treatment)は、英語で「治療する」という意味があります。

髪の傷んだ内部を治療していく意味合いでヘアトリートメントと言われるんですね。

だから、このトリートメントが作用するのは内部です。

しっかり髪の内部に入ってダメージの穴を埋める。

内部にしっかり入れる必要があるからトリートメントは付けた後、ちょっと時間を置くと効果が上がるっていわれてるんですね。

じゃあコンディショナーってなんなの?

当然、この疑問は出てきますよね。

結論から言うとと、このコンディショナーはトリートメント成分が少しだけ入ってるリンスです。

髪の表面付近のケアはしっかりできるけど、あくまでベースはリンスなので、基本手触り重視です。

摩擦や広がりを抑えるのか髪の治療をしたいのか用途で選ぼう

トリートメントは内部補修。

リンスは表面コート。

コンディショナーは表面コート+やや内部補修。

となるので、用途によって使い分けるとGOODです。

だからバージン毛の人や子供の場合は、リンスでも十分かもしれないということですね。

もし一緒に使うなら、

トリートメント⇒コンディショナー or リンス

の順に使いましょう。

おまけ:語源からわかること

リンスやトリートメントのように「語源」をたどるといろんなことがわかりますね。

例えば、「シャンプー」

これもルーツをたどると、インドのヒンディー語の「チャンポー」が語源と言われています。

ヒンディー語の「チャンポー」は直訳すると、頭皮のマッサージという意味になるんですね。

つまり、シャンプーは髪を洗うことではなくて、頭皮を洗ってマッサージすることなんだとわかります。

美容師さんは、シャンプー時に頭皮をしっかり濡らしたりマッサージする指の動きを一生懸命習います。

頭皮のマッサージ、意識してみたいですね。

他にも美容師さんが使う顧客カルテの「カルテ」はドイツの医療の言語ですし、ルーツをたどると面白いですね。

この記事を書いた人
はせけん

前職おくりびとの美容ディーラー「はせけん」こと長谷川健太と申します!
美容室での商品販売の活性化のサポートをしたり、SNS活用術の話や働き方の話などオールマイティーにこなしてます。
取引あるなし関係なく、お困りごとや相談事があればどんなことでもお受けします。葬儀屋を経験したからわかることがあります。美容師という仕事にもっと誇りを持ってもらえるよう、美容業の価値を高める発信をしていきたい!!

ジブリとカメラとアベンジャーズをこよなく愛する中年です。
最近ハムスターと金魚を子供たちと一緒に飼い始めて溺愛中。

エクスマ96期生です!

はせけんをフォローする
友だち追加
美容の豆知識
はせけんをフォローする
神戸で働く元葬儀屋の美容ディーラー。美容業界のT.M.Revolusionこと梅田美容商事の長谷川健太(はせけん)による美容師さん応援ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました