比べていては失速。飛ばしすぎても失速。スロースターターでいいじゃない。生まれて初めてのマラソンで人生を学んだかも。

自分のこと

こんにちは。関西で美容ディーラーをしている梅田美容商事㈱の長谷川です。

この前人生で初めてマラソンというものに参加しました。

マラソンといっても42.195kmじゃないです。いきなりフルなんかでたら死んじゃいます。

出たのは一人2.33km走るリレーマラソンですよ!

会社の有志で参加したのですが、本当に自分自身、こんなに自主的に走りこんだのは人生初でした。

ちなみに、高校時の1500m走の順位は輝かしくもビリでした。

まわりから「がんばれ~!」と声援をもらえるおまけつきのやつですね(笑)

そんな体力なのにリレーマラソンなんて自分で自分を褒めたい!いや、褒めてました!

でもなんかせっかく誘ってくれたし、参加してみたかったんですよね。

どんなことでも誘ってもらえるって嬉しいもんですよね。

この写真、イエローの服着て1番目立ってますが、もちろん走るのは1番遅かったです(笑)

梅田美容陸上部結成!?

走ったコースはこちら!

後半の上り坂が最高にきつかったです。

運営の方もコロナ対策などかなり工夫を凝らして運営されていたので、ありがたいなと感心しました。

バトンもちゃんと消毒します!

走ることは人生の縮図に見える?それは言い過ぎ?

マラソン出るからって、走る練習を結構したけど、たくさん走ってみるとやっぱりいろいろ考えますね。

なんか走ることって人生の縮図?なんかどう生きるかにも似てるかも??なんて思ったりしました。

不思議と体ではなくて心の状態でコンディションが結構左右されちゃうし、ウォーミングアップをするしないでも結構変わります。

リズムが崩れるとしんどくなるけど、途中ある程度走ってると急に楽になってきたりもします。

この波の感じが人生の波みたいって思うのは考えすぎかな?

ペースを探すことは自分探しに似ている

走るペースって人それぞれですよね。

初めはこのペースがわかんない。

スタートで飛ばしすぎると途中でばてちゃう。

ゆっくり走りすぎても逆にしんどくなっちゃう。

呼吸も歩幅も自分のちょうどいいペースってのがあるんですよね。

歩幅や呼吸を調整しながらちょうどいい加減を探しながら走るのは、なんか自分探しみたいで楽しかったです。

「あ、これかも!!」「今のこの感じ、ちょうどいいかも!」そう思えたときって快感です。

思わず「自分めっちゃ走れる人になったんちゃうん!?」って思っちゃいます。

実際にはなってないけどね(笑)

走るペース探しは、ほんまに「自分らしさ」を探している感覚に似ている気がします。

人と比べても乱れちゃう。

飛ばしすぎても乱れちゃう。

気持ちが揺らいでも乱れちゃう。

あくまで「自分らしく」いることが大事なんだなって気づかされます。

マラソンってね、いろんな人と一緒に走るから人と比べすぎると、ついついペースを上げちゃって

ばてちゃうんですよね。

その瞬間に無理してペースを上げなくても、後々自然と自分のペースで抜けるなんてこともあるもんです。

短い目で見ず、長い目で見て自分らしく走る。なんかほんまに生き方のお話してるみたいでしょ?

面白いですよね。

初めは700mで限界だった。量をこなしてこそ質を求めることができると知る。

マラソン出るからには練習しないと…ということで、会社の先輩に付き添ってもらい走る練習をしました。

こういう練習を一緒にしてくれるのってほんまにありがたいよね。

場所は神戸市民ならだれもが知ってる「しあわせの村」です。

ここは1時間は駐車場無料なので、走る練習するならちょうどいいんですよね。

そして、肝心の練習ですが、初めての練習では、まずはちょっと走ってみようということで700mを走ってみました。

結果は、顔面蒼白。

はせけん
はせけん

さ、酸素が足りない…死にそう!!

まさにそんな感じでした。

先輩が走ってる途中に話しかけてくれるんですけど、もう息が苦しくて返事できる余裕なし。

「は、はい~っ!」

って感じでした。前途多難ですよね~。

でもね、繰り返し走ってると、不思議とだんだん走れるようになってくるんですよね。

速く走る走り方とかいろいろ調べてみたけど、それよりもまずは体力ですよね。

体力ないとね、にわか仕込みの知識はしんどくて吹っ飛びます。

そんなこと考えてる余裕ないし!!ってなります。

特に息遣い!鼻呼吸が大事っていろんなところで書いてました。

鼻で2回吸って口から2回吐く。リズムが大事ってやつですね。

はせけん
はせけん

なるほど。リズムね!確かに大事かも!

スース―、ハッハッ!スースー、ハッハッ!

あかん、それどころじゃない!!

あかん、2回吸えんかった!あれ?次吸いすぎた?

もうだめ、苦しいっ!!

どれだけわかっててもね、まずは体力つけてからじゃないと話にならないってのがよくわかりました。

いきなり質なんて求めたらえらいことになる!

どんなことでもまずは量をこなしてからなのかもしれませんよね。

質を求めるのは、まずは量をこなしてからです。

息遣いは最後のほうでやっとできるようになりました。(坂道以外)

慣れるんじゃなくて、馴染むという感覚

体が慣れるっていうよりかは馴染むっていう感覚かな?

だんだん走ってるとしんどかったのがだんだん楽になってくるんですよね。

不思議です。日に日に前よりは楽かも??って思うようになるんです。

自分でもそれがなんだか嬉しくて楽しくなってくる。

こういう感覚は人生初だった気がします。

それにね、走り始めはしんどくても、しばらくすると体が馴染んできて、そのしんどさがふっと軽くなるんですよね。

でも、ちゃんとウォーミングアップしていないとそのしんどさが劇的にくるんですよね。

いきなり飛ばすと息切れしちゃうのは、体も心もなんでも一緒かもしれませんよね。

はじめから飛ばしすぎず、自分のペースでやっていく。

ええことですよね!

走る時間は自分を見つめる時間。さぁ、走ろう!

好きな音楽聞きながら走ったり、夜風の涼しさを感じながら走ったりすると、ものすごく気分がリフレッシュできます。

それにね、いい景色を眺めながら走るのも気持ちいい。

須磨海岸のランニングスポット

走ってるときって結構いろんなことを考えたり、自分を見つめる時間にもなるなって思いました。

もやもやした気持ちまでスッキリ晴れるし、本気でタイムを計る感じじゃなければ、疲れるけど心地いいかもしれません

タイム測るとやっぱりちょっとしんどいよ(笑)

せっかくいいきっかけできたし、走ることも1つの趣味にしようかなって思ってます。

最近、自分の子供も感化されて、「僕も走りたい」って言うようになりました。

一緒に親子マラソンにまで出ることになったし、しばらくは一緒に走る練習しそうな感じ。

これもなんだか嬉しい変化です。

結局、リレーマラソンは後半バテバテで走り終わった後は最高にへとへとで倒れこむ始末。

走るスピードも遅かったけどちゃんと走り切れてよかった。

もう勘弁してくれ~の顔です

本当にいい思い出ときっかけになりました。

鶴見緑地公園はとっても広くて普段ランニングするのにももってこいの公園でしたよ。

学生の頃は走るのがあれだけ嫌だったけど、大人になってから走ってみるのもいいもんですね。

ランニングやマラソンに挑戦してみるのもありかもしれませんよ?

自分らしさやペース配分など、いろんな部分に通ずる気づきがあるかもしれません!

さぁ、一緒に走りましょう!!

この記事を書いた人
はせけん

前職おくりびとの美容ディーラー「はせけん」こと長谷川健太と申します!
美容室での商品販売の活性化のサポートをしたり、SNS活用術の話や働き方の話などオールマイティーにこなしてます。
取引あるなし関係なく、お困りごとや相談事があればどんなことでもお受けします。葬儀屋を経験したからわかることがあります。美容師という仕事にもっと誇りを持ってもらえるよう、美容業の価値を高める発信をしていきたい!!

ジブリとカメラとアベンジャーズをこよなく愛する中年です。
最近ハムスターと金魚を子供たちと一緒に飼い始めて溺愛中。

エクスマ96期生です!

はせけんをフォローする
友だち追加
自分のこと
はせけんをフォローする
神戸で働く元葬儀屋の美容ディーラー。美容業界のT.M.Revolusionこと梅田美容商事の長谷川健太(はせけん)による美容師さん応援ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました