黒くするとシミが目立つってほんと?白髪染めは「かくす」よりも「ぼかす」と「活かす」がキモ

白髪染めは隠すより活かす 美容の豆知識

白髪は年齢とともにどうしてもでてきてしまうもの。

この白髪をどう染めるのかは永遠の課題かもしれません。

白髪染めの染め方でかわる印象の違いについてしっていますか? 

明るくしっかりは永遠のテーマ

誰もが求める回答。それが「明るくしっかり」という方法。

これは簡単なようで相当難しい技法です。

ほとんどの人の髪の毛は白髪と黒髪が混在しています。

例えるなら「シマウマ」のような感じ?

グラントシマウマの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー ...

それをきれいに明るく染めるためにはそれなりの工夫が必要になるんですね。

白髪はしっかり…黒髪は明るく、相反する2つの染め方

なぜなら、黒髪は明るく染める必要があるので、ブリーチ力がそこそこいります。

そして、白髪に関してはしっかり染める必要があるので来い染料が必要となります。

普通のカラー剤は「明るくするもの」はその分染料が薄くなり、「しっかり染めるもの」はその分、明るくする力が弱くなります。

「明るく」と「しっかり」は相反する事象なんですね。

では、美容師さんはどうしているのか?

多くの場合は、6レベルぐらいのしっかり染めるカラー剤と、10レベルぐらいの明るく染めるカラー剤を混ぜてお互いのちょうどいいところが作用するような調合でカラーをしています。

この割合は非常に見極めが難しいので、プロの見極めが必要不可欠になるんですね。

最近は染め方にもいろいろな違いが出てきて、必ずしもしっかり染めることがいいことではなくなってきました。

しっかり黒く染める「隠す」という方法を避ける理由

黒くしっかり染めると白髪は隠れるのですが、化粧をしている分顔は白く見えるので、

白と黒のコントラストで顔が浮いて見えるケースがあります。

この時、顔のしわやシミが余計に目立ってしまう可能性があるんですね。

だから、隠せばいいというものでもなかったりするんですよね。

プロにしかできない「ぼかす」とか「いかす」という染め方

「ぼかす」とは白髪を完全に染めてしまうのではなく、コントラストを弱めて目立たなくするという方法です。

仕上がりもナチュラルになってより自然な形になり、暗くなりすぎない髪の色味はお顔も明るく見せることが可能です。

そして、「活かす」という染め方。

こちらはベースが白というメリットを最大限に活かして、色彩の美しさを楽しむ方法です。白髪の部分はベースが茶色や黒ではなく白なのである程度好きな色味を入れることができるので、それを活かしておしゃれにしよう!!という方法ですね。

どうせならプロにしかできない染め方でアクティブにグレーを楽しむ!!

そんな考え方でサロンカラーを楽しみたいものですね。

この記事を書いた人
はせけん

前職おくりびとの美容ディーラー「はせけん」こと長谷川健太と申します!
美容室での商品販売の活性化のサポートをしたり、SNS活用術の話や働き方の話などオールマイティーにこなしてます。
取引あるなし関係なく、お困りごとや相談事があればどんなことでもお受けします。葬儀屋を経験したからわかることがあります。美容師という仕事にもっと誇りを持ってもらえるよう、美容業の価値を高める発信をしていきたい!!

ジブリとカメラとアベンジャーズをこよなく愛する中年です。
最近ハムスターと金魚を子供たちと一緒に飼い始めて溺愛中。

エクスマ96期生です!

はせけんをフォローする
友だち追加
美容の豆知識
はせけんをフォローする
神戸で働く元葬儀屋の美容ディーラー。美容業界のT.M.Revolusionこと梅田美容商事の長谷川健太(はせけん)による美容師さん応援ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました