V3ファンデーションだけを売っちゃいけない。美容師さんにそれと一緒にやってほしいこと。

サロン店販について

こんにちは。関西で美容ディーラーをしている梅田美容商事㈱の長谷川です。

最近何かと話題の商品、V3ファンデーション。

お店で扱ってますか?試しましたか?

V3ファンデーション売ってるよ!扱ってるよ!そういう人はぜひ読んでほしいな。

それだけを売らないで!!V3ファンデーションは最高のきっかけ作りになる。

V3ファンデーションは今や入手困難。すごい勢いですよね。

どこもかしこも入荷待ち。みんな取り合いって感じです。

でもね、それだけを売ろうとしないでほしいなって思っています。

「売れるから置く。」「人気があるから仕入れる。」

これだけだともったいない!!ネットでもドラッグストアでもない「美容室で買う理由」

是非作ってほしいなって思うんです。

やっぱり美容室なんで、プロのアドバイスをしてほしい!!

ただ、モノがいいからとかじゃなくて、もう一歩突っ込んで話してほしいってめちゃくちゃ思うんですよ。

このV3ファンデーションはね、その点最高のきっかけ作りになってくれますよ!

もう間違いないです!!

なぜなら、一緒にクレンジングや洗顔の話もできるから

ファンデーションで顔が上がる!!きれいになる!!

この驚きを体験した人は次はどう思うかな?

それをキープしたいって思うはず。

そこで大切になってくるのは、帰宅してからやっている「メイク落とし」なんですね。

下地とかファンデーションとかよりも、1番大事なのはそれを「きれいに落とす」ことです。

つけるものを勧めるなら、落とすものも一緒に勧めてほしい!!

せめて「V3ファンデの効果を最高に維持できるメイク落としの方法」を伝えてほしいなって思います。

「メイクを落とす」「皮脂を取る」これも毎日やってることだけど、この部分で肌のきれいさが劇的に変わるって言われています。

せっかくいいファンデーション使って、肌が上がっても、クレンジングや洗顔で台無しになってたら元も子もないんです。そんなの悲しいです!!

ファンデーションの感動、キープしたいよね?じゃあクレンジングや洗顔もついでに見直そう!

プロがそこもきっちりアドバイスしますよ!!

という流れが自然に組めますよね?

これはめちゃくちゃチャンスやと思うんです!!売ったら売りっぱなしにせず、「きれいになりたい」というお客様の目的に近づけるアドバイスをしてほしい!

お客さん絶対喜ぶから!!

例えば、クレンジングの仕方やお湯の温度。

「洗い方」っていってもいろいろ注意点ってありますよね。

どうやってクレンジングをするのか?クレンジングは何を使うのか?

お湯は何度にするのか?洗顔はどうやるのが理想か?

1つずつ上げると結構なポイントがあります。

ほとんどの方は、化粧水や乳液にはこだわるけど、この洗い落とすものに関しては、結構こだわりがない方が多いです。

旅行の時、化粧水は自分のを持っていくけど、クレンジングは試供品のピリッと破るやつをもっていく人も多いんじゃないかな?

でもね、肌の勉強をすればするほどこの「落とすもの」の大事さがめちゃくちゃわかってくるんですよね。

むしろ、メイクを落とすものや落とし方が肌の土台を決めてるといっても過言じゃないかも。

クレンジング・洗顔に関しては、きれいな人ほど意識が違う。

それを証拠に、きれいな人、美魔女って言われる人ほど、この「落とすこと」に関してこだわってる人が多いです。

お湯の温度も気を付けてる人が多いです。

だから、V3ファンデーションを手に取る人には、この部分の大切さもぜひ発信してほしいなって思っちゃうんですよね。せっかく高くていいもん使うんやからきれいになってほしいもんね。

具体的な注意点とは?

じゃあその注意点って何なの?って思う人へ箇条書きでお伝えさせていただきますね。

①お湯の温度は体温ぐらいが理想。高すぎ注意。

お湯の温度が高すぎると余計な皮脂まで取れてしまって、せっかくの潤いがなくなります。

②シャワーを顔に直接かけない。

直接シャワーをかけている人は、ほぼほぼお肌の毛穴が大きく広がっています。

顔の毛穴は20万個あるといわれているので、毛穴が大きい人は肌が黒ずんで見えるし、皮膚もたるみます。

③クレンジングは肌負担の少ないものを選ぶ。

オイル系の強いクレンジングは汚れを取る力も強いけど、肌にオイルが残ります。

突っ張った感じになるあれです。オイルは水をはじくので、後からつける化粧水が馴染んでくれない原因になります。

④ゴシゴシ洗いはシミ製造中と思うこと。肌はソフトにやわらかく。

肌って刺激のあるところは守ろうとします。ペンをよく握るところにはペンだこができるでしょ?

お顔の場合も肌がぶ厚くなったり、刺激から守ろうとしてメラニンが生成されます。これがシミになるんですね。頬っぺたの部分がくすんだりシミになることが多いのは、よくこする部分だからです。

洗顔もゴシゴシするんじゃなくて泡で洗うイメージが正解!!

⑤ペーパータイプのクレンジングは使わないこと。

これはめちゃくちゃ肌の負担がでかいです。楽かもしれないけど、肌は全然嬉しくない。

肌は生まれ変わるまで28日+年齢分かかるって言われています。

1回ダメージくらうと回復するまでに3か月はかかると思ったほうがいいかも。

ざっくり考えてみてもこの5つは大事かな。注意点結構あるでしょ?

ファンデーションは話をしていくチャンス!決してモノ売りに走らないで。

ファンデーションを販売するときは、そういうお話をする絶好のきっかけだと思います。

むしろチャンスです!

お店でお勧めしたいクレンジングや洗顔があるなら、それを使って洗い方を手の上で実践してあげたり、POPを作って説明するのもありだと思います。

せっかくなので、とことんきれいになる秘訣を持って帰ってもらいましょ!!

ファンデーションを扱うなら、クレンジングもお店でおすすめのものを扱うことをオススメします。

美容室はカウンセリングを受けれる場所。つけるものと洗うものはセットで伝えよう。

モノだけの販売じゃなくて、カウンセリングを受けて相談もできる場所。

それが美容室の最高の魅力やと思います。

だから、よく売れるからと「モノ売り」だけをするんじゃなくて、プロとしてのアドバイスをぜひしてほしい!

つけるものを紹介するなら、責任もって洗い方や洗うものも提案してほしいなって思うんです。

シャンプーとトリートメントがセットのように、ファンデとクレンジングもぜひセットで考えてほしい!

なぜなら、本当にきれいになる秘訣は「洗うこと」にあるからです!!

お客様がそこも見直すいいきっかけを発信できる美容室がたくさん増えてほしいなって思います。

お客様は「V3ファンデーション」が欲しいんじゃなくて、「きれいになること」や「顔がリフトアップすること」が欲しいんやと思います。

だから少々高くても買うんですよね。

それを叶えてくれるツールだから。

もっと安くて願いが叶うものがあればそれで十分なはずです。

決して「モノ」が欲しいんじゃないんですよね。

だったらぜひ、その本来の目的である「きれいになること」や「リフトアップ」を維持できる方法を

一緒に伝えてほしいなって思います。

「モノ売り」に走っちゃうと、いずれお客さんは気づきます。

「また買わされた」そう思った瞬間、失客ですよね。

そうはなって欲しくないです。

ドラッグストアでは、ファンデーション持ってきた人にいきなりクレンジングの話なんてできません。

ネットでもつっこんだカウンセリングなんてできません。

これはプロだからできることやと思います。

美容師さんってすごいんですよ。絶妙な距離感にいる存在なんです。

だからぜひこういうところも意識してみてくださいね♪

この記事を書いた人
はせけん

前職おくりびとの美容ディーラー「はせけん」こと長谷川健太と申します!
美容室での商品販売の活性化のサポートをしたり、SNS活用術の話や働き方の話などオールマイティーにこなしてます。
取引あるなし関係なく、お困りごとや相談事があればどんなことでもお受けします。葬儀屋を経験したからわかることがあります。美容師という仕事にもっと誇りを持ってもらえるよう、美容業の価値を高める発信をしていきたい!!

ジブリとカメラとアベンジャーズをこよなく愛する中年です。
最近ハムスターと金魚を子供たちと一緒に飼い始めて溺愛中。

エクスマ96期生です!

はせけんをフォローする
友だち追加
サロン店販について美容室の可能性のこと
はせけんをフォローする
神戸で働く元葬儀屋の美容ディーラー。美容業界のT.M.Revolusionこと梅田美容商事の長谷川健太(はせけん)による美容師さん応援ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました