もっと売上が欲しい。もっと客数が欲しい。もっと人気になりたい。悩める美容師さんのその「もっと」を叶える秘訣とは?

美容室の可能性のこと

こんにちは。関西で美容ディーラーをしている梅田美容商事㈱の長谷川です。

桜の写真を撮りに行っていると心底日本っていいよなって思います。

季節の変化を目で肌で感じることができて、それを楽しめるって素敵ですよね。

桜の咲く春の季節は人の移動があったり、美容室でも新規のお客様が増える時期ですよね。

こういう時、よく相談を受けるのが、売上や客数のお話です。

もっと売上が欲しいんです。

伸び悩んでて…どうしたらいいか困ってるんです。

こういう悩みって切実ですよね。本当に少しでも力になりたいなって思います。

いろんな本を読んだり、多くの美容師さんとお話していて、この点に対しては1つ気が付いたことがあります。

少しでも悩める美容師さんにとってヒントになりますように…。

売上や数字は結局は「相手にどれだけ興味をもつか」で変わっていく。

ベテランのサロンオーナーや、著名な方の本を読んでいても、同じ言葉を目にしたり耳にすることが多いです。

それが、「相手に関心を持つ」ということ。

相手に関心を持って接するかどうかでつながりが変わってくるんだよということですね。

何当たり前のこと言ってんの?って思うでしょ?(笑)

でもね、これをどこまで本気でやってるかで大きく変わるんだそうです。

ビジネス的にやってるのか?

本当に今後も付き合いを深めたいと思ってやってるのか?

会話の随所でそういう部分の違いって見えてくるもんなんですよね。

なぜなら、人は自分に興味を示してくれる人に興味を持つから

「人に興味を持つこと」=「愛情」

なんだよと学びました。

そう考えると自分自身を振り返ってみてもすごく希薄だったなと反省します。

関心を持っていたら気になることって結構ありますよね。

逆に言うと、関心がないと気づきもしないことも結構あります。

相手に対しての愛情表現として、まずは興味をもって関係を深めたいと思うかどうか。

これが結局は巡り巡って数字や売上につながってくるんだそうです。

ベテランの美容師さんや理容師さんは、驚くほどこの言葉を口にします。

だから、本当のことなんだろうなって思うんですよね。

実際、営業で回っている私自身のこともよく覚えてくれていますし、SNSの投稿に関してもよく見てくださっているんですよね。

正直、驚きます。

自分も見習いたいなってめちゃくちゃ思います。

だいたいは自分のことが優先になっちゃうし、人のことって後回しにしちゃうもんです。

でもね、それが違う人がいるんですよね。

そういう人ってやっぱりめちゃくちゃ愛されています。

もうね、なんていうかお客さんとの関係性が全然違うんですよね。

話している時のお客様の顔が違う。

そして距離感が違うんですよね。

見ていてはっきり違いがわかります。

だから売れる理由ってきっとここなんやろなってめちゃくちゃ思うんですよね。

まずはカルテの見直しから。相手に興味を持って知らないことをどんどん知っていこう。

まずは、お客様に入る前にカルテをしっかりと見直して入っているのかどうか。

これは前にやった技術の履歴を見るのではなく、どんな会話をしていたかを振り返ってほしいんですよね。

個別にやり取りした会話をしっかり新鮮な状態にしてお客様に入ってほしいなって思うんです。

SNSでつながっていたら、SNSのやり取りからスタートするといいですよね。

これ、お客様からしたら嬉しいことなんですよね。

例えば、家族や最近の近況のお話

家族の構成なんかは絶対どこかでお話をしていますよね。

息子が何歳かとか次幼稚園だとか3人兄弟がいるとかね。

そういうことを思い出したうえで会話をするのとそうでないのとでもめちゃくちゃ違いますよね。

お客さん
お客さん

最近、子供がどんどんやんちゃになってきて大変なんですよ~

美容師
美容師

お子さんいると大変ですよね~。もう小学生でしたっけ?

あ、いやまだ小さいんで次幼稚園いく感じですよ~。

前言ったのになぁ。全然覚えてくれてないやん(笑)

興味ないなら聞かなくていいのになぁ。

ここまで思う人はいないかもしれないけど、こういう些細なすれ違いって結構悲しいもんですよね。

こういうのが続くと、距離感ってなかなか埋まらないんだと思います。

本当に関心持ってくれているのか?その場で何となく話しているのか?

その姿勢ってこういう部分に表れるんだと思います。

そして、関心をもってくれているかどうかって思っている以上に相手に伝わると思います。

SNSのコメントでも適当はコメントとそうじゃないコメントってなんとなくわかりますよね。

僕は、このお話を聞いたときにギクッてしたことがあります(笑)

ギクッてなるのは、自分が取り繕った表面上の薄いコメントをたくさんしていた証拠ですよね。

ほんとしょうもないやつやったよなって思いますもん。

思ったことをちゃんと口にする。思ってもないことは言わない。

自分に素直になる。

こういう部分がリアルでもSNS上でもきっと大切になるんだと思います。

変にきれいな接客をしようとしなくてもいいと思います。

リピートに関してもそう。

また会いたいなら、会いたいってちゃんと伝える。

来てくれて嬉しいなら、来てくれて嬉しいってちゃんと伝える。

店販をちゃんと使ってくれていて嬉しいなら、そう伝える。

思ったことを心にしまわずにちゃんと声に出してみる。

声に出して伝えるかどうかでめちゃくちゃ変わると思います!!

相手のことをもっと知りたいなと思う心が、すべての悩み解決に直結する。

違うのはきっとほんの些細なことなんだと思います。

その些細なことの積み重ねが大きな違いになっている気がします。

人って自分に関心を持ってくれている人にしか関心を示さないんだそうです。

だからね、愛情表現してあげてほしいなって思うんです。

お客さん、絶対嬉しいと思うから♪

カルテも技術のことだけじゃなくて、話した内容まで書いていてほしいんです。

どんなことを話したかとか鮮度を保ったままお客様に入ってほしいんです。

絶対そのほうがお客さん喜んでくれるから♪

もっと仲良くなりたい。

もっともっと綺麗にしてあげたい。

もっともっともっと大切にしたい。

些細な差が大きな結果の違いを生むのかもしれない。

ベテランのオーナーさんから聞いた言葉が、少しでも悩める理美容師さんの心に響けばいいなって思います。

売上=ありがとうの対価=愛情の深さだから、数字を追いかけると数字が下がるのかもしれません。

数字は追うものではなくついてくるものってよく言いますよね。

本当にその通りなんだろうなって思います。

まずは、目の前のお客様に愛情を注いで関心を持って接するところから。

小さな積み重ねの差がきっと大切なんだと思います。

自分でこうやってブログ書いてて自分も肝に銘じたいなって思いました。

ついつい自分のことばかりになっちゃうもんね。

余裕だってすぐになくなっちゃう。

だからこそ、定期的に大切なことが何なのか?について振り返りたいなって思います。

どんなことも愛情ありきですよね。

優しくてあたたかい。

そんな風に愛情がにじみ出るような人になろうって思います。

この記事を書いた人
はせけん

前職おくりびとの美容ディーラー「はせけん」こと長谷川健太と申します!
美容室での商品販売の活性化のサポートをしたり、SNS活用術の話や働き方の話などオールマイティーにこなしてます。
取引あるなし関係なく、お困りごとや相談事があればどんなことでもお受けします。葬儀屋を経験したからわかることがあります。美容師という仕事にもっと誇りを持ってもらえるよう、美容業の価値を高める発信をしていきたい!!

ジブリとカメラとアベンジャーズをこよなく愛する中年です。
最近ハムスターと金魚を子供たちと一緒に飼い始めて溺愛中。

エクスマ96期生です!

はせけんをフォローする
友だち追加
美容室の可能性のこと
はせけんをフォローする
神戸で働く元葬儀屋の美容ディーラー。美容業界のT.M.Revolusionこと梅田美容商事の長谷川健太(はせけん)による美容師さん応援ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました