不安になったことあるよね?カラーやパーマの時、 ひとりひとりなんでかかる時間が違うの?

カラーやパーマはどうして一人一人かかる時間が違うの? 美容の豆知識

パーマやカラーでの時間が人よりも長く感じる…。

え?大丈夫?

あれ?前は長かったのに今回はやけに短い。手抜きじゃないの?

めっちゃ不安やねんけど…。

こういう思いは誰しもが経験したことがあるはず。

美容師さんが髪の毛をじーっと見ながら眉間にしわを寄せてる。

こんなシーンに遭遇すると、なんかごめんなさい。ややこしい髪の毛で…。

なんて思ってしまうこともあるかもしれませんね。

私は、経験ありました(笑)

ひたすら自分の髪がややこしいんだと思ってました。

放置時間が人によって違うのはなんで?

これはね、髪の毛がややこしいから…ではないんですね。

この1番の原因はキューティクルです。

髪の表面のあの魚のうろこみたいなやつですね。

個人差があるのは、キューティクルの枚数の違いや、髪の太さの違いがあるからなんですね。

自分の髪がややこしいわけじゃないんやね~

はせけん
はせけん

そうなんですよ!だから安心してくださいね♪

キューティクルの枚数で時間は結構変わる。

キューティクルは普通5~6枚って言われてますが、この枚数が多い人がいます。

特に髪の毛の太い人のキューティクルは厚くてしっかりしています。

このキューティクルがぶ厚いとダメージとは関係なくパーマがかかりにくかったり、

ブリーチしても色がなかなか上がらない、髪が丈夫で傷みにくいという違いが出てくるんですね。

反対に髪の細い人は、このキューティクルが薄い人が多いので、ダメージを受けやすいタイプの髪質になるということなんですね。

美容師は髪の個性まで見極める。

髪も性格も十人十色!!

人によって髪質って本当に違います。

まったく同じ人なんていないんですよね。

クセがあるのか、ないのか。細いのか、太いのか。やわらかいのか、固いのか。

人によって違うし、その違いはカラーやパーマなどの薬剤に効くスピードにも影響します。

美容師さんは、触ってみてもっている知識と経験から、予想を立てているんですね。

だから、カラーやパーマの途中で1度チェックをするんです。

ヘアカラーの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー ...

最高の状態にするために薬剤も時間も変えて半分オーダーメイドのようにやってくれてるんですよね。

すごいですよね~。

自分の髪質ってどんな感じ?

って1度質問してみても面白いかもしれませんよ~。

この記事を書いた人
はせけん

前職おくりびとの美容ディーラー「はせけん」こと長谷川健太と申します!
美容室での商品販売の活性化のサポートをしたり、SNS活用術の話や働き方の話などオールマイティーにこなしてます。
取引あるなし関係なく、お困りごとや相談事があればどんなことでもお受けします。葬儀屋を経験したからわかることがあります。美容師という仕事にもっと誇りを持ってもらえるよう、美容業の価値を高める発信をしていきたい!!

ジブリとカメラとアベンジャーズをこよなく愛する中年です。
最近ハムスターと金魚を子供たちと一緒に飼い始めて溺愛中。

エクスマ96期生です!

はせけんをフォローする
友だち追加
美容の豆知識
はせけんをフォローする
神戸で働く元葬儀屋の美容ディーラー。美容業界のT.M.Revolusionこと梅田美容商事の長谷川健太(はせけん)による美容師さん応援ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました